トップページ >  牡蠣の健康効果 >  クルクミンは肝臓に吸収されない!

肝臓改善にいいのはクルクミン・ウコン・牡蠣のどれ?実は効かない成分はコレ

クルクミンは肝臓に吸収されない!

肝臓にはウコン(クルクミン成分)がいいといわれますが、実は効果がありません。

肝機能強化が期待される有効成分「クルクミン」は、ほとんど体内には吸収されないことがわかっているからです。 二日酔い防止の効果で売れている「ウコンの力」などは、効果がないのです。

宣伝の要素が大きいので、ウコンの盲信には注意が必要です。
クルクミンは肝臓に吸収されない!(1)

それどころか、肝臓に異常のある人にとってウコンはNGという研究結果さえあります。 健康な人が二日酔い予防にお酒と一緒に飲むのは安全かというと、 実は今年(2012年)に入って韓国で、ウコンの有効成分「クルクミン」とアルコールとの同時摂取で肝炎が悪化する、 という論文が発表されているのです。
クルクミンは肝臓に吸収されない!(2)

肝機能(肝臓)を向上するならウコンではなく、牡蠣です。 継続的に牡蠣成分を摂取するなら、牡蠣エキスがよいでしょう。

肝機能(肝臓)を向上するなら・・・

  ウコン(クルクミン成分)ではなく、牡蠣がいい



ウコンは肝臓に効かない

肝機能(肝臓)を向上するならウコンではなく、牡蠣です。 継続的に牡蠣成分を摂取するなら、牡蠣エキスがよいでしょう。

牡蠣の成分は、タウリン、グリコーゲン、亜鉛・ミネラル・ビタミン、良質なタンパク質からできています。 牡蠣は、海中の栄養分を丸ごと凝縮してカプセル化したバランス栄養食で栄養の宝庫といえます。

肝臓にはウコン(クルクミン成分)がいいといわれますが、実は効果がありません。
肝機能強化が期待される有効成分「クルクミン」は、ほとんど体内には吸収されないことがわかっているからです。 二日酔い防止の効果で売れている「ウコンの力」などは、効果がないのです。

肝臓に異常のある人にとってウコンはNGという研究結果があります。 健康な人が二日酔い予防にお酒と一緒に飲むのは安全かというと、 実は今年(2012年)に入って韓国で、ウコンの有効成分「クルクミン」とアルコールとの同時摂取で肝炎が悪化する、 という論文が発表されているのです。
ウコンは肝臓に効かない

肝臓をよくしたいなら・・・

  ウコンではなく、牡蠣がいい



肝臓をよくしたいならウコンより牡蠣

肝機能(肝臓)を向上するならウコンではなく、牡蠣です。 継続的に牡蠣成分を摂取するなら、牡蠣エキスがよいでしょう。

牡蠣の成分は、タウリン、グリコーゲン、亜鉛・ミネラル・ビタミン、良質なタンパク質からできています。 牡蠣は、海中の栄養分を丸ごと凝縮してカプセル化したバランス栄養食で栄養の宝庫といえます。

肝臓にはウコン(クルクミン成分)がいいといわれますが、実は効果がありません。
肝機能強化が期待される有効成分「クルクミン」は、ほとんど体内には吸収されないことがわかっているからです。 二日酔い防止の効果で売れている「ウコンの力」などは、効果がないのです。

それどころか、肝臓に異常のある人にとってウコンはNGという研究結果さえあります。 健康な人が二日酔い予防にお酒と一緒に飲むのは安全かというと、 実は今年(2012年)に入って韓国で、ウコンの有効成分「クルクミン」とアルコールとの同時摂取で肝炎が悪化する、 という論文が発表されているのです。


肝臓をよくしたいなら・・・

  ウコンではなく、牡蠣がいい



お酒が好きな人はウコンより牡蠣

お酒が好きな人は、肝臓を強化する牡蠣エキスを生活に取り込むようにしましょう。

肝臓にはウコン(クルクミン成分)がいいといわれますが、実は効果がありません。 肝機能強化が期待される有効成分「クルクミン」は、ほとんど体内には吸収されないことがわかっているからです。 二日酔い防止の効果で売れている「ウコンの力」などは、効果がないのです。

それどころか、肝臓に異常のある人にとってウコンはNGという研究結果さえあります。 健康な人が二日酔い予防にお酒と一緒に飲むのは安全かというと、 実は今年(2012年)に入って韓国で、ウコンの有効成分「クルクミン」とアルコールとの同時摂取で肝炎が悪化する、 という論文が発表されているのです。
ウコンは肝臓に効かない

肝機能(肝臓)を向上するならウコンではなく、牡蠣です。 継続的に牡蠣成分を摂取するなら、牡蠣エキスがよいでしょう。

牡蠣の成分は、タウリン、グリコーゲン、亜鉛・ミネラル・ビタミン、良質なタンパク質からできています。 牡蠣は、海中の栄養分を丸ごと凝縮してカプセル化したバランス栄養食で栄養の宝庫といえます。

お酒が好きな人は、肝臓を強化する牡蠣エキスを生活に取り込むようにしましょう。

お酒が好きな人なら・・・

  ウコンではなく、牡蠣がいい



牡蠣は肝機能(肝臓)を向上する

img src="../img/4.jpg" width="40%" />

牡蠣にはアミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれています。

タウリンには、肝機能の向上や、心機能の強化、生活習慣病の予防と改善など、 お酒をよく飲む人にとって魅力的な効果がいっぱいです。

タウリンが多く含まれる食品は、魚介類。 特に、これからの季節においしい牡蠣には、特に多く含まれています。 タウリンは、過剰摂取の心配がない成分なので、 たくさん食べて、体内の機能を強化できます。

肝臓にはウコン(クルクミン成分)がいいといわれますが、実は効果がありません。 肝機能強化が期待される有効成分「クルクミン」は、ほとんど体内には吸収されないことがわかっているからです。 二日酔い防止の効果で売れている「ウコンの力」などは、効果がないのです。

それどころか、肝臓に異常のある人にとってウコンはNGという研究結果さえあります。 健康な人が二日酔い予防にお酒と一緒に飲むのは安全かというと、 実は今年(2012年)に入って韓国で、ウコンの有効成分「クルクミン」とアルコールとの同時摂取で肝炎が悪化する、 という論文が発表されているのです。 ウコンの効用について

肝機能(肝臓)を向上するならウコンではなく、牡蠣です。 継続的に牡蠣成分を摂取するなら、牡蠣エキスがよいでしょう。

肝機能(肝臓)を向上するなら・・・

  ウコンではなく、牡蠣がいい



人気の「牡蠣サプリ」を牡蠣の品質・成分・価格でコスパを比較しました。