トップページ >  牡蠣の健康効果 >  牡蠣は心臓病を予防する

牡蠣は心臓病を予防する

心臓病予防に牡蠣がいいです。

牡蠣には血圧を下げる働きで注目されている二つの特効成分、「タウリン」と「EPA」が多く含まれています。 EPAは血液中で血栓をできにくくして心臓病を防いだり、血圧が上昇する原因の血管の収縮をおさえたり、 血管を拡張する性質に変化し血圧を下げたりする作用があります。

タウリンには降圧作用だけでなく、心臓の興奮を静めて心臓病を予防する効果、血液が凝縮するのを防ぎ、 脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を予防する効果、動脈硬化を防ぐ効果があります。

更にこらは血圧を下げるといっても、高い物を正常にするのであって、大量に摂っても、正常以下に下げすぎるということが決してありません。 このタウリンは他の貝類、タコ、イカ、などにも多く含まれています。栄養ドリンク剤にもよく含まれていますね。

牡蠣の効能

  牡蠣は心臓病を予防