トップページ >  牡蠣の基本知識 >  牡蠣の効能・効果

牡蠣の効果・副作用・摂取量・食事まとめ

牡蠣の成分

牡蠣の成分は、タウリン、グリコーゲン、亜鉛・ミネラル・ビタミン、良質なタンパク質からできています。
牡蠣は、海中の栄養分を丸ごと凝縮してカプセル化したバランス栄養食で栄養の宝庫といえます。


タウリンは、血中コレステロールを下げ、神経系統トラブルも改善します。
成人病の元凶ともされる「血中コレステロール値」の上昇を抑え、脂肪の消化吸収を促進します。 また、脳下垂体ホルモンの分泌を高める作用があり、神経系統のトラブル改善にも効果があり、血圧を正常に保ちます。また視力を強化する作用もあります。


グリコーゲンは、疲労回復や体力増強、糖尿病予防になります。
牡蠣は含有する糖質の50%をグリコーゲンが占めています。 グリコーゲンは、多糖類の一種で、体内のエネルギーが不足したときに等質に変化して血液中の糖度調節に使われるため、疲労回復や体力をつける必要のある人に最適な栄養素です。


亜鉛は、インスリンの分泌促進、ホルモン代謝など、生体反応に欠かせない微量ミネラル元素です。
「セックスミネラル」という別名があるほど、生殖器や脳機能の活性化に大きく作用する。亜鉛が欠乏すると、 成長発育障害や貧血、性器発達不全など、軽度のものでは、食欲不振、味覚異常、皮膚障害などになってしまいます。


ミネラルは、骨や歯を丈夫にし、体の様々な働きを順調にする小児から成人まで不可欠な栄養素です。
ビタミンEは、血中の善玉コレステロールを増やすのに役立ちます。 動脈硬化や老化を防ぎ、冷え性や低血圧などにも効果的です。


良質なタンパク質は、18種アミノ酸も豊富!身体機能を支える栄養素です。
牡蠣には私達の体をつくり支えていく栄養素であるタンパク質がたっぷり含まれています。 牡蠣は食物からしか摂取できない8種類の必須アミノ酸をはじめ、全部で18種類のアミノ酸を含みとても良質なタンパク質です。


牡蠣の成分は?

  牡蠣の成分は、タウリン、グリコーゲン、亜鉛・ミネラル・ビタミン、良質なタンパク質で構成
  牡蠣は、バランス栄養食で栄養の宝庫



牡蠣の効能・効果

牡蠣は、「海のミルク、海のミネラル」と言われ、天然ミネラル・ビタミン・アミノ酸などが豊富に含まれています。
良質たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいることから、「海のミルク」ともいわれる由縁です。
牡蠣には、生カキの成分を抽出して濃縮させたもので、特にタウリン、グリコーゲン、亜鉛といった健康維持に欠かせない栄養分が多く含まれています。

唾液に含まれる酵素によって消化され、胃腸を働かせることなく体内に吸収されるという特徴があるので、即効的な滋養強壮や強壮効果が期待できます。
高タンパクという面でも優れており、良質たんぱく質を含む上、計18種類のアミノ酸が含まれています。
その結果、血圧の上昇を抑え、動脈硬化の発生原因となる、血中コレステロールを減らす効果もあります。


特に、肝臓の働きが低下すると、疲労などの自覚症状が現れますが、 高タンパク・高ビタミンの牡蠣を摂取することで肝臓にとって非常に有効な働きが期待できます。 牡蠣の含まれるタウリンやグリコーゲンは、疲労回復や体力増強以外ににも糖尿病予防になります。

亜鉛は、インスリンの分泌促進、ホルモン代謝など、生体反応に欠かせない微量ミネラル元素です。 ビタミンEは、血中の善玉コレステロールを増やすのに役立つので、動脈硬化や老化を防ぎ、冷え性や低血圧などにも効果的です。

牡蠣の効能・効果は?

  血圧の上昇を抑え、動脈硬化の発生原因となる、血中コレステロールを減らす
  即効的な滋養強壮や強壮効果
  糖尿病予防にいい
  動脈硬化や老化を防ぎ、冷え性や低血圧にいい



牡蠣の1日の摂取量

牡蠣の成分は、亜鉛、鉄、銅、グリコーゲン、タウリン、ミネラルなどで、そのまま人間が食べられる範囲では、健康に影響する成分はありません。 亜鉛の摂取量には上限がありますが、牡蠣1個に含まれる亜鉛の量もそれほどないので、食べられる範囲なら問題ありません。

牡蠣の1日の摂取量には、栄養素的に過剰摂取は気にしなくてもよいですが、 国産の牡蠣を食べる場合には、摂取量に注意が必要です。

国産の牡蠣は、食べている餌のプランクトンが原因で、微量の貝毒を持っているからです。
牡蠣の貝毒は微量であれば大丈夫ですが、1日の摂取量が多いと下痢などの諸症状を発します。 生牡蠣が好きな方は要注意です。

国産の牡蠣を食べる際には、生で何個も食べるときは、貝毒に注意してください。 下痢にならない個数が、体が受け付ける限界の個数です。

牡蠣には栄養が豊富なので、牡蠣の栄養素だけ摂取したいという方には、「牡蠣エキスのサプリメント」がおススメです。 牡蠣エキスのサプリメントなら、貝毒を気にしなくてもいいし、手軽に牡蠣の豊富な栄養を摂取できます。

牡蠣の摂取の注意は?

  国産の場合、牡蠣の食べすぎは、微量の貝毒に注意



国産の牡蠣は「微量の貝毒」をもっている

国産の牡蠣は、食べている餌のプランクトンが原因で、微量の貝毒を持っています。 (フランスの牡蠣が食べている餌のプランクトンが違うので、同一種の牡蠣なのに貝毒を持っていません)

牡蠣の貝毒は微量であれば大丈夫ですが、1日の摂取量が多いと下痢などの諸症状を発します。 生牡蠣が好きな方は要注意です。

加熱する事により貝毒の毒性が弱まりますが、限界があります。 食中毒でもない牡蠣を食べて下痢になるのはこれに関係しています。

国産の牡蠣を食べる際には、生で何個も食べるときは、貝毒に注意してください。 下痢にならない個数が、体が受け付ける限界の個数です。

牡蠣には栄養が豊富なので、牡蠣の栄養素だけ摂取したいという方には、「牡蠣エキスのサプリメント」がおススメです。 牡蠣エキスのサプリメントなら、貝毒を気にしなくてもいいし、手軽に牡蠣の豊富な栄養を摂取できます。

国産の牡蠣の注意

  国産の牡蠣は「微量の貝毒」をもっている



牡蠣の副作用

牡蠣のタウリンを過剰摂取すると副作用はあるでしょうか。 体によいからといって、摂りすぎはやっぱり体に影響があるかもと心配になります。

タウリンを摂る場合、牡蠣から摂る場合は、栄養素的には過剰になることはほぼないので心配要りません。 山のように牡蠣を毎日食べ続けないととりすぎになりません。 (食べ過ぎの場合、国産の牡蠣の貝毒には注意)

ただし、牡蠣エキスをサプリメントで摂る場合は、タウリンのサプリメントやドリンク剤なら、 摂取目安量が記載されいるのでその範囲内で収める量を摂取してください。

むしろ牡蠣は副作用を気にして摂取しないより、摂取することでその恩恵をたっぷり受けられます。 積極的に牡蠣を摂取することを心がけてください。

牡蠣の副作用は?

  栄養素的には過剰になることはほぼないので心配なし



牡蠣を多く取れる食事と料理

牡蠣を料理する場合は、生牡蠣にソースをつける料理、殻付きの焼牡蠣、むき身の牡蠣の3タイプに分かれます。

生牡蠣にソースをつける場合は、
オイスターバーではよく出る「カクテルソース」や、 チリペッパーがピリッとほどよくきいてトマトの酸味や玉ねぎが風味、青しそと梅干しの風味が爽やかでさっぱりした和風ソース、 バジルソースなど、とにかく美味しい組み合わせがたくさんあります。

殻付きの焼牡蠣なら、
焼き牡蠣、レンジでできるかんたん蒸し牡蠣、焼き牡蠣のゆず味噌田楽風、牡蠣のマヨ味噌チーズ焼き、牡蠣グラタンなど ガスやカセットコンロでも本格的な焼き牡蠣が楽しめます。 電子レンジで簡単にできる酒蒸しやワイン蒸しもおいしいです。ゆずと味噌の焼けた香ばしい香りが食欲をそそります。

むき身の牡蠣なら、
牡蠣キムチ鍋、牡蠣と白菜の塩昆布和え、牡蠣のパエリア、牡蠣と大根のガーリックステーキ、牡蠣の白菜ロールなど バリエーションはいろいろあります。 鍋は、ごま油で炒めると辛味がまろやかになり子どもでも食べやすく寒い日には温まります。 牡蠣と昆布が白菜を美味しくしていて白菜がもりもり沢山食べられます。

料理がめんどう、でも牡蠣の豊富な栄養素は摂取したい方には、「牡蠣エキスのサプリメント」を簡単です。 牡蠣エキスのサプリメントには、牡蠣の栄養素が凝縮していて、牡蠣の栄養素を手軽に毎日摂取できます。

牡蠣を多く取れる料理

  生牡蠣にソースをつける料理、殻付きの焼牡蠣、むき身の牡蠣の3タイプ





人気の「牡蠣サプリ」を牡蠣の品質・成分・価格でコスパを比較しました。